ぺんてるの事業

ぺんてるの事業

1946年に誕生したぺんてるは、筆記具や画材を中心とした文具を皮切りに、
新規事業として、電子機器や産業用機械設備、さらには医療用製品や化粧品部品など、
さまざまな製品の開発・製造に進出してきました。
ここでは、当社が手がける4つの事業をご紹介します。

組織図

画像を拡大する

  1. 文具事業

    文具事業

    • 化学
    • 機械
    • 電気電子
    • 情報
    • 経営工学
    • 全学部

    創業以来当社は“世の中にないものを開発し、新たな需要と市場を創造する”という信念のもと、世界初のノック式シャープペンシル「ぺんてる鉛筆」や、人工毛を使用した毛筆「ぺんてる筆」といったさまざまな新製品を開発・製造してきました。高度成長期には今までにない画期的な筆記具が多く世に登場しましたが、その半分以上は当社が開発したものです。くれよんやマーキングペン、ボールペン、シャープペンシルなどの筆記具から画材・消し具にいたるまで、すべての文具製品に“ぺんてるらしさ”が込められています。創業当初から貫いてきた冒険心やアイデア心は今も社員一人ひとりの心に受け継がれ、お客様に愛される製品を生み出す原動力となっています。

    商品について知る

  2. 機設事業 新規事業

    機設事業 新規事業

    • 機械
    • 電気電子
    • 情報
    • 経営工学

    当社は「自社製品は自社製設備で」をモットーに掲げ、文具メーカーとして他社に先駆けて生産ラインの自動化を進め、生産性の大幅な向上を実現しました。つまり製品だけでなく、その生産設備の設計・開発も行ってきたのです。この実績を生かして始めたのが機設事業です。現在では文具製造のための社内設備だけでなく、他社向けの産業用生産設備を多く手がけています。例えば部品の組立や検査を行う自動組立機をはじめ、独自開発の産業用ロボットを搭載したインサート成形システムや、画像検査装置といった製品群は、機能性はもちろん、使いやすさにおいてもお客様から絶大な信頼をいただいています。自動車分野や医療分野など幅広い業界において、今までに約2000システムもの生産設備を開発・製造しています。

  3. 電子機器事業 新規事業

    電子機器事業 新規事業

    • 化学
    • 機械
    • 電気電子
    • 情報
    • 経営工学

    くれよんやボールペンといった“アナログの入力ツール”を生み出してきた当社は、文具事業の生産設備で培った制御技術により“デジタルの入力ツール”の開発・製造も展開しています。コア技術の静電容量結合方式を活用したタッチパネルは、高い耐久性と操作性が求められるアーケードゲームなど幅広い用途に適しています。さらに液晶画面上に文字や絵を描く液晶ペンタブレットを数多く開発し、特にプリントシール機のらくがきに使われるペンタブレットは、長年高いシェアを確保。安定した動作のタッチスイッチは、電化製品や操作パネルなどに使われています。身近で使いやすく夢のある入力機器を目指しています。

  4. 化成品事業 新規事業

    化成品事業 新規事業

    • 化学
    • 機械

    文具の研究開発・生産により培ってきた当社の技術やノウハウを活用して、さまざまな各種メーカーの製品開発・製造を受注することを目的に誕生したのが、化成品事業です。ペンの機構とタッチ感にこだわりを持つ当社ならではのペン型化粧塗布容器は、世界の化粧品メーカーから信頼が寄せられ、世界で唯一のナイロン毛加工技術を生かした化粧筆などの製品開発をサポートしています。また、医療業界でも当社の技術を生かした製品をご提供しています。製品の機構設計から商品化・量産化にいたるまで一貫して担い、厳しい衛生基準をクリアした安全性の高い医療用部品や容器を納品。お客様のブランドづくりにおいて、当社の開発・生産技術は欠かせないものになっています。

新事業についてもと知る